2014/07/30

赤羽の路地裏は世界に通ず 『丸健水産』

大衆酒場の聖地・赤羽にはいくつも定評の名店があって、中でも行ってみたかった。

まるます家のある一番街の裏手、小学校の門を横目に行くとあるのがシルクロードというアーケード街。
なんとこの飲み屋街を門前町のようにして小学校があるのだ。

このなんともディープな裏街に煌々と輝く立ち飲み店がこちら丸健水産。
店舗に面したカウンター正面にはおでん種がくつくつと煮え、割烹着のおばさんがにこやかにスタンバイ。
目の前にはニッカボッカのコワモテ兄ちゃんとサラリーマンのおじさんがもくもくとおでんを食べていた。

おでん種を眺めつつ、大根と玉子、がんもを頼んで缶のハイボールをオーダー。
あっち空いてるよ、というアサインで、左に回るとバーのような感じの高いテーブルがぽつぽつ置いてあって、若いヤンキー上がり風のカップルがおでんを食べている。
目の前にはおでん種が宝石のように並ぶショーケース。
素晴しいビューだ。

味の宝石箱や

ちょっと飲んでみたかった新発売の焼酎ハイボールは結構炭酸強めでクリアーな辛口味。

缶の焼酎ハイボール

薄めのだしで煮られたおでんはうん、おでん!
ちょっと煮込み過ぎな感じもするけどおでんってこういうもんだ。

おでん


安いし早いし実用的で、これこそザ・労働者な感じ。
そして「赤」羽だけに自然と話題は左より。

共産党から「赤い彗星」のキャッチで立候補したら比例区でどさくさ紛れに当選しないかなーとの与太話も酒に紛れ、
夜は更けていく。

路地裏から世界が広がる

ふと横を見ると静かな路地裏。

盛り上がった会話も路地裏の静寂に途切れ、気づくと覆いかぶさっている過ぎ去った酒飲みたちの残滓。
シルクロードにオアシスがあったように、赤羽シルクロードの丸健水産というオアシスで酒飲みは喉をうるおし、次の場所へと旅立っていったはず。

俺も旅立とう。とりあえず今日は家に帰るけど。
と思いながら赤羽を後にした。

赤羽の路地裏は世界に通ず。

丸健水産おでん / 赤羽駅赤羽岩淵駅

夜総合点★★★★ 4.0

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント