2014/04/22

メーカーズマークのMMハイボールで苦い想い出がスイートになった

バーボンと聞くと、学生の頃、フラれた時のことを思い出す。

ひどく酔いたい気分だった俺にとって、ちょうど手が届くハードリカーがバーボンだった。
当時スコッチはまだ流通しておらず(していてもひどく高かった)、ジムビームが2000円、アーリータイムスが3000円、ワイルドターキーが4000円くらいだった。アメリカ映画の中でウイスキーを飲んで酔っぱらう俳優のイメージもあったのかもしれない。

若気の至り、当然のように潰れてひどい二日酔いになったのだが、その味を思い出してみると、荒々しく飲みにくく喉に刺さる味だった(当然だ)。

今回サントリーさんからメーカーズマークのイベントにご招待された時、その想い出が脳裏をよぎり、バーボンか、と遠い目をしたのだった。

封を切るのももったいない

会場は渋谷の東急ハンズ裏にいつの間にか出来ていたシティホテルの地下1階にあるNOS

青山店は昔、夜の試合でお邪魔したことがあるが、こちらは初入店。

なんとも客層が若そうな店で引け目を感じながら階段を下りるが、いやいやなかなか大人仕様な店だ。

まず試飲タイム。ストレートでいただく。

テイスティング中


他のウイスキーは誰でも知ってるバーボンだ。

一口メーカーズマークを口に含んで驚いた。

一味違うぜ


なんともスムーズで甘い味わい。

これはバーボンなのだろうか?と疑う味。

他のウイスキーを飲んでみると、ガツンとくる味。これはまさにバーボン。昔の思い出が顔を出す。ワイルドなのが飲みたい場合もあるだろうから、好き好きだろう。

なぜにこのスムーズな味なのかというと、その秘密はバーボンなのにライ麦を使わずに小麦を使っているから。
そしてしっかり焼いてしかも焼き過ぎない樽の内部。そのこだわりがふくよかで滑らかなスイートさを産んでいる。

そしてメーカーズマークの個性的なところはボトルの注ぎ口を彩る赤い封蝋だ。

赤い蝋で封をされた瓶はそれぞれ同じものは一つとない。
熟練したおばさんたちが工場で手で封蝋してくれているそうだ。

なので今回のメインイベントはこの封蝋体験。

手が震えてます

赤く溶けた蝋はなんと200度!

手袋、腕あて、エプロン、ゴーグルをしての完全防備で封蝋体験。

やけど注意


瓶の口を溶けた蝋に突っ込み、ぐるっとまわしてテーブルにトントントンとすると蝋がいい感じに垂れてくる。

ぐるっとまわして

この間最大3秒。
それ以上やると瓶が割れる危険があるらしい。

いくらウイスキー好きでも200度のホットウイスキーは願い下げだ。

さて、無事に大興奮の一仕事を終えてMMハイボールで乾杯!

恒例のカンパイ


このハイボール、メーカーズマークを使ったハイボールで、オレンジのスライスが入っているのが特徴。

MMハイボール

メーカーズマークのスムーズ&メロウな味わいにオレンジの甘い柑橘系の味がど真ん中ストライクのマッチング。これは掛け値なしの美味しさ。

男性はもちろん、女性に特に受けそうなハイボールだ。

そしてこだわりの料理に合う。

濃い味のハイボールなので、濃い味の料理に合うのだろうなあと思っていると、シーザーサラダ、牡蠣のケイジャンアヒージョ、スペアリブとど真ん中の料理展開。

牡蠣のアヒージョ

特にスパイシーな牡蠣のケイジャンアヒージョが気に入った。

家に帰って自分がやった封蝋瓶を眺める。

記念ボトルです


これはもったいなくて開けれない。

しばらくディスプレイとして楽しもうと思いつつ、バーボンへの苦手意識が無くなっていることに気がついた。

ついでに苦い思い出も甘い思い出になっていた。

メーカーズマークのおかげである。



※メーカーズマークの情報はこちらから!

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント