2013/11/17

にんじんしりしりとハイボール

平民さんがとり憑かれたように作っているにんじんしりしり。
その情熱が俺のハートにいつのまにかうつっていたらしい。

必要に迫られた弁当作りには常備菜がいくつか必要で、週末になんとなく小松菜を茹でたりぼーっとしながら厚揚げを茹でたりしているのだが、そのバリエーションでどうだろうか、と熾火のような気持ちが心の薪にうつった。

平民さんのレシピをそのまま作るのでは芸がないので、検索してたらこのおばあの手順がなかなか面白くシンプル上品で、じゃあなんとなく作ってみるか、と作り始めた。

にんじんの皮をピーラーで剥いて、えーと、と思ったところでしりしり器っておろし器の裏とかで出来ない事に気がついたが、まあにんじんぴろぴろでいいか、とそのまま削った。

鉛筆削りの要領でぐいぐい削ると、昔小刀で鉛筆削ったなあ、とそんなことを思い出す。
小刀どこいったかな、このにんじんで鉛筆みたいに何か書けそうだな、と思いつつ下ごしらえ完了。
にんじん1


カンナのような感じでぐいーっと削ったぴろぴろが長いので、ボウルの中にハサミを突っ込んでチョキチョキと短くします。

フライパンに油をひかずににんじんをイン。

にんじん2


弱火で炒めてしんなりしたらオリーブオイルをさっと入れ、塩ひとつまみ。
中火にして、もうちょっと炒める。

玉子を溶いてイン。

にんじん3

お好み焼き風に固めて、ひっくり返して完成。

重宝します


味見するとにんじんの甘さが適度に効いて、美味しい。
これはにんじん嫌いな子どもでも食べれると思う。
弁当にも重宝するぞ、とにやにやつまみながらのハイボール。

ハイボール


夜のつまみとしてもローテーション決定です!
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント