2012/01/29

2012年もハイボール

人生も中盤に差し掛かると四十肩で肩があがらないとかいざというときにダメな中高年の方に!なんていう誰かの言葉や新聞の広告が骨身にしみてくるのだが、去年の年末から愛用のDINABOOKも調子がにぶくなってきてついには修理に出すことになった。

結果、中身を替えられてやっと帰ってきたのだが買って4年でガタが来るPCというものと比べると人間というのはずいぶん立派な代物である。

酒の定番は塩辛

紅顔の少年も時間が経てば立派な青年になり、深みのある中年になり、顔のしわが年輪を語る古木のような老年になるわけだ。そうなれているかははなはだ疑問だが、帰ってきたPCを前に塩辛を食べながらそんなことを考えた。

今年もハイボール


2012年も(いまさらですが)よろしくお願いします。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント