2011/11/03

さよならと言う名のハイボール


「楽しい時はあまりにも早く過ぎてしまう」と昔好きだった佐野元春の歌詞にあったけれど、ほんとうにその通りで忙しさにかまけていて、いつの間にか時間が過ぎてしまった。

さよならの代わりに仲間たちからいただいたグラスでハイボール。

新グラスでハイボール

このグラス、なんと底がとがっていて、専用の木の器に差して置く、というもの。

こんな感じ

寒い夜に雪の地方ではつららを砕いて容器に入れて、そこにこんなグラスを差して飲むとか。もうファンタジーの世界の出来事のようです。

置けません

ぐいぐいハイボールがすすみます。
素敵なプレゼントをありがとう。

花に嵐のたとえもあるさ さよならだけが人生だ

ふりむくな

ふりむくな

うしろには夢がない


さよならと言う名のハイボール。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント