2011/01/21

白州12年ハイボールVSジャック・ハイボール

角を切らしてしまった。

角の無い我が家など、ガソリンの無い車。弾の込めてない銃だ。
置き物かこけおどしにしかならない。

窮余の策を逆に生かして棚をあさっていると、ブラックニッカクリアブレンドと白州12年が目にとまった。
どちらもちょうどワンショットで終了だ。

というわけで、ブラックニッカと白州12年のハイボール対決!

対決!


白州はレモン無し、ブラックニッカにはハンデとしてレモンをイン。

よーい


ウイスキーを注いで・・・。

ドン!


ソーダをゆっくり注ぐ。

見た目は白州の薄い琥珀色の勝ち!うっとりと浮かび上がる泡を観賞。

人生はハイボールの泡のようなものだ。

完勝です!


口に含むと、白州の木の香りのするうっすらとした甘さにうっとり。思わず目を閉じる。

レモンを入れたジャック・ハイボールももちろん美味しいのだけど、一緒に飲むと飲み物としての格の違いに愕然。

白州12年ハイボールの勝利!

判定後は両方美味しくいただきました。



関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント