2010/04/27

【MASA'S KITCHENツアー⑤】ペニンシュラ上海「逸龍閣」

さて、初日のラストは豪華ホテルの代表格、ペニンシュラ上海の中華ダイニング「逸龍閣」。

ペニンシュラと言えば香港が有名だが、元々元祖は上海にあったそうで、凱旋オープンだそうである。
外灘の北、ちょっと後ろに入ったところにある。

ロビーの感じはペニンシュラ東京に似ていて、小さくて、宿泊客じゃないと居心地が悪い感じ、と言えばわかってもらえるだろうか。いきなりカフェになっていて、宿泊客はそこで朝食をいただく仕組み。

期待に胸振わせて入店です。なんといってもミシュラン一つ星シェフがいる店。どんな料理が出てくるのか。

R0015447.jpg

前菜はちょっと迫力不足?こういう皿って便利でいいですが。

魚の内臓スープ

魚の内臓が入っているスープ。しっかりダシが効いてますが、ちょっとべったりしてる感じ。

深海魚の蒸したもの

よくわからない魚が蒸してあります。

牛肉と百合根炒め

牛肉と百合根の炒め物。

白菜とベーコン煮

白菜と青菜のベーコン煮。

正直、うーん、という感じ。
まず店のオペレーションが悪く、なかなか料理が出てこないのが難。
また、味もなんだかぼやけた感じで、メリハリがないというか。
ボリュームも少ない。

海鮮炒飯

海鮮炒飯にはテーブル騒然。
いわゆるパラパラの炒飯とは対極にあるご飯やわらかめの炊き込みご飯風炒飯。

期待が大きすぎたのか、と思うものの・・・、ミシュラン一つ星のシェフがいる店と期待でみんな食べにくるはずなので、看板に大いに偽りあり。
同じミシュラン一つ星の鯰江さんの店を見習って欲しいものです。

まだオープンしたばかりで店員さんのサービスも板に付いていない様子。
正直今のところペニンシュラの名が泣くレストランでした。
宿泊される方は外に食べに出ることをおススメします。

ホテル自体はスーパーデラックスなので、早くサービスが追いついて欲しいところ。
ついでにハイボールも置いてもらいたいと思います。

というわけで、当然このツアーからは落選

鯰江さんおススメ店だけラインナップのこのツアー、おススメですよ。


関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント