2010/04/23

【MASA'S KITCHENツアー③】『丁香花園』にてスペアリブ唐揚げ

フカヒレスープ丼でお腹があったまった我々はバスに乗り込み2軒目へ。

2軒目は「丁香花園」。清朝末期、洋務大臣を務めていた李鴻章の妾宅だった建物を改築したレストランは、広い庭がありとても落ち着いた雰囲気。この華山路のあたりはなんだかすごく上品な街並みです。

立派です

ちょうど披露宴の準備をしている最中でした。

このレストランの名物料理はスペアリブ唐揚げ。
早速いただきました。

脂こってり


スペアリブ空揚げは骨付き豚肉をカラッと揚げたもの。
香ばしい香りとニンニクの風味が食欲をそそります。

この素敵な空間の中で、手でつかんでガブッと行く野性味とのコントラスト。
脂多めです。

優雅です

窓辺ではカップルが語らっています。

海老まんじゅう

シェフたちも語らっています。

逆光のシェフたち


海老まんじゅうは肉厚。

大根もち

大根餅は結構しっかりと大根が残ってる感じ。

3品しか食べてないですが雰囲気とは裏腹にどっしりした感じのメニューでした。

外に出ると、庭ではおじいさんが太極拳をしていました。
ゆったりした時間が流れる優雅な洋館でのチャイニーズ。

絵になるおじさん

もうちょっといたいな、と思いながら後にしました。

いい感じです

プラタナスの葉が繁るころも、雰囲気が違っていいかもしれません。

そんな時期に行けるかもなこのツアー、残念ながらこの「丁香花園」は鯰江さんチョイスではなんと・・・落選!なので入っていません。
シェフの目は厳しいですね。「普通かな」って感じのコメントでした。
メニューの問題かもしれません。

ともあれ、雰囲気の良さと合わせるとなかなか無いレストランです。
今度はもっとゆっくり行きたいと思わせるところでした。

ここでもウイスキーはなし。上海はハイボール不毛の地?
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント