2010/04/21

【MASA’S KITCHENツアー①】旅立ちはハイボールと共に

ある日曜の朝、俺はモノレールで羽田空港へ向かっていた。

これから上海に行くのである。

モノレールはノンストップで空港へ。本当は水天宮からリムジンバスが便利で、なんと羽田空港まで25分で着いてしまう。荷物をゴロゴロ転がさなくていいので非常にいいのだが、30分に1本しかないのが難だ。忙しい朝、間に合わなかったのだ。

羽田空港からの国際線は初利用だったのだが、こんなに便利だとは正直考えていなかった。
まず空港までが近い。
そして上海の空港が市内に近い(約30分程度)。
また、空港自体が小さいので、歩く距離が短い。これが素晴らしい。

成田空港の国際線ターミナルは、特にアジア地域のゲートが遠く必ず別ターミナルになってしまうこともあり、出かけるまでが遠い。
また帰ってきてもイミグレーションまでが妙に遠いのだが、羽田はコンパクトなのであれ?手続きもう終わり?って感じである。

羽田空港の国際線ターミナルはどこにあるのかというと、
第二ターミナルで下車し、そこからシャトルバスで行く。

シャトルバスは3分程度に1本来るのでストレスフリーだ。

→にしたがって

→に従って行くだけ。

→を気にしつつ

エスカレーターを上って・・・。

バス乗り場着

バス乗り場着。

着いた国際線ターミナルはなんともこじんまりとした代物で拍子抜け。
でも、空港が立派じゃなくちゃいけない、という理由は無いと思うので、いいんじゃなかろうか。

ハイボールで行ってきます!

空港のカフェでハイボールを飲んで胃に活力を。

でも「ハイボール」、と注文したら「ハイボールありません」と店員さん。
「ウイスキーのソーダ割り、薄めで」と言って作ってもらいました。

上海にもハイボールあるのかな?

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

いきなりハイボールですか!どこにでもあるもんですねぇ。。
羽田からの海外ってほんと気持ち的にとっても楽で、ひとつハードルがなくなったみたいな感じします。

Re: No title

> aiaiさん

実はそうだったんですよ。
しかしほんとに羽田から海外って楽ですね。疲れが全然違いました。