2009/12/09

三浦大根とハイボール

三崎の名物ナンバー1はマグロだが他にも名物があるのをご存じだろうか。

まず春はキャベツ。見渡す限りキャベツ畑だったりする国道脇、みずみずしい立派なキャベツで作るロールキャベツは絶品である。

そして冬は三浦大根。大根の首から真ん中に行くに従い太くなる大根の形状は一目瞭然。大根足というのは三浦大根から来ているに違いないと思う。青首大根全盛の現在だがやはり煮物には三浦大根が合う。

というわけでおでんにしてみました。

三浦大根のおでん

柔らかく煮えてます。箸ですっと切れる大根は口に含むとほっとする旨み。

やわらか絶品です

思わず驚きのうまさで泣きそうになりました。
気分はまるで岡星でいわしの丸干しを食べたときの京極さん

故郷を思い出しながらハイボール。

ハイボール

ハイボールのことも懐かしく思う時が来るのだろうか。


ちなみに三浦大根は今の時期で1本300円台。
1月か2月くらいになると1本100円程度まで値下がりするが、やはり早い時期が旬。
ぜひお正月前には三崎で三浦大根を入手して食べてみて欲しい。
おでん、ふろふき大根がおすすめである。

現在青首大根が主流になっているが、その理由は抜きやすいから、と言われている。
形がまっすぐで地面から抜くのが簡単な青首が真ん中がぽっこりしている三浦大根を駆逐したそうで、
なるほど、とうなづいてしまう。
ほんとかどうか知らないが意外とそんな簡単な理由で物事は決まっていくものである。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント