2009/08/22

湯島カドヤでナポリタンとハイボール

東京の中でひときわ怪しく輝く町と言えば湯島にとどめを刺す。

歌舞伎町や錦糸町ではあからさまに下品。
古き良き時代の雰囲気、レトロ感を出しつつ、夜に沈没しようと思えば奥が深そうな雰囲気もある。
そんななんとなく寸止め感覚で楽しめるこの町。

以前ナポリタンとハイボールがあるのを確認していたので、ナポリタンと言えばこの方と行ってみたいと話していたのだが、ついに実現。

しかもこの方この方も一緒である。

R0013486.jpg

角にあるからカドヤ、角を使ってるからカドヤである。
入口に立ち飲みスペース、入ってカウンターとテーブル。

冷え冷えのマグで飲むハイボール

マグでいただくハイボールは冷え冷え。最近ジョッキのハイボールに慣れてしまったが、この風情も素敵です。

昭和のナポリタン

そして昭和のナポリタン。炒め数分で到着です。
カウンターの端で炒めてくれてました。

ハイボールとナポリタンのマリアージュ!濃い味が合うハイボールにはナポリタンはかなり合う感じ。

煮込み

煮込みはさながらドミグラスソースというか、ビーフシチュー。これは美味しい。煮込みの概念とはちょっと違うようなですが、俺は好きです。

漬け物

漬け物も一味違う。特に奥に映るらっきょ。シャキシャキしててこれは珍しい味。

この店、宵の口は立ち飲みで、
その後湯島散策して、〆でまた飲むとか、
カップルでも、一人でも、同僚とでも、いろんな用途に使えます。

店内はアン・サリーのジャズ。
トイレではこの曲。ついトイレに長居してしまいます。



関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

トラックバック

湯島 バー カドヤ

湯島 バーカドヤ 湯島にある有名なお店バーカドヤ。 バーというジャンルにも関わらず、お酒のお供であるおつまみが絶品のお店。 バーカドヤにはこの方とこの方とこの方で訪問しました。