2009/04/18

尾道の夜はハイボールで更けていく

尾道の繁華街は大きく二つに分かれていて、ひとつは尾道駅前からはじまる土堂辺り。海沿いにゆるやかにつながるこのあたりには食堂や喫茶店が並んでいて、その裏手には商店街が東に伸びている。もうひとつは商店街のとどのつまり、山陽本線がたわんだ形になっているあたりに広がる久保。久保のあたりはいわゆる飲み屋街で、スタンド(スナック)や居酒屋、バーが軒を連ねている。古い港町にはどこもこんな感じなのだろうか、店は重そうなドアで中が見えなくなっていて入りづらいことこの上ない。

久保あたり

その中で賑わう声が聞こえる店は一口

いい店構えである

こんばんは、と暖簾をくぐる。

カウンターだけのこじんまりとした店

マスターと奥さんが2人でやっている串揚げの店だ。串揚げとは言っても、魚介がメイン。

レモンサワー

まずはレモンサワー。焼酎はkozuru。なんだかぜいたくである。

キス

塩かタレでいただくのだが、ひとつひとつ揚げてくれるマスターが食べ方を教えてくれる。
キスは塩とレモンで。さくさくとした衣と白身がベストマッチ。

イカ

イカはほんのりやわらかい。これも塩で。

隣は生ビールをぐいぐい飲む近所のおばあちゃん。今は高速が通ったじゃけ、三原までなんかすぐよ。便利になったもんじゃね。あんたどこから?東京?八重洲っていうの?歩いてるひとみんな紳士でね、ビルなんかたくさん建っててね、すごいね、私なんかずっと尾道じゃからね・・・。

聞いてみました。作ってくれましたローヤルのハイボール。ソーダはサントリー。

ハイボール!

串揚げにぴったり。

絶品!エビとハイボール

一番うまかったのがこのエビ。感動的

カープ負けたじゃろ、せっかく来たのに残念じゃの。また来てな、楽しんできてください・・・。一見にも優しく気を使ってくれるマスターと奥さんの尾道弁が耳にも心地よい。

串揚げなのに全く油臭くないのも驚き。いい酔い方が出来る路地裏の名店だ。


一口 (串揚げ・串かつ / 尾道)
★★★★★ 5.0




関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント