2009/04/09

思い出のスタジアムでハイボール

誰にでも輝かしく残っている幼い時の記憶というのはあるだろうが、俺の場合のそれは横浜スタジアムで、小学生の俺は弟を連れて関内に向かった。後から父親が仕事を終えて合流するのだったと思う。試合はすでにはじまっていて、外野席へ向かう階段を上っていくと暗い階段に輝くカクテル光線、誰かがヒットを打ったのかわき上がる歓声。階段を上りきると目に飛び込んだ緑の人工芝。外野自由席のはじっこで2人で観た野球。あれが俺の野球観戦の原点だ。正直試合内容は覚えていないが、とても楽しかった思い出である。

子供のころは当然酒を飲めないわけで、その点大人の方が楽しみ方が多い。

ジョワッ!

ウルトラマンのように天に差し出すウィルキンソン。まさか・・・。

角!

そして角!

ハンプティダンプティみたいだ

適当なキャラクターがにやりと笑ってます。そう!そのまさかです!

紙コップだと美味しそうじゃないです

ハイボールサンボアスタイル

シンメトリーな崎陽軒のシュウマイ

つまみはもちろん崎陽軒。

野球ファンとは素敵な種族

試合はいいところなしでジャイアンツに完敗も、やはり野球観戦は楽しいのである。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント