2009/01/10

想い出のブルイックラディック

新年なのでアイラで買ってきたブルイックラディックのシングルカスクを開けてみた。

想い出のブルイックラディック

ウイスキードリームという本の出版記念の樽で、自分で詰めて栓してもらって、自分でラベルを貼ったという思い出の酒。あせって貼ったのでラベルが切れている。

アイラを思い出す味

アイラなのにノンピーティーな味で、シングルカスクならではの個性。

ボウモア12年と白州12年と余市原酒10年と飲み比べ。
比べてみると当たり前だが、みんな味が違うのに素直に驚き。

俺はボウモアのバランスが好きだなあ、と改めて思ったが、ブルイックラディックもシンプルな感じで美味しい。白州もスーッとした感じで美味しいし、原酒10年の荒々しさもまた良し。

でもデイリーユースのハイボールはやはり角だ。

ハイボールはとろ角で

とてもぜいたくな夜だった。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント