fc2ブログ
2008/12/20

膳ハイボールの優しさとは

ウイスキーと合わせて和食を美味しそうに食べている真田広之と言えば、「膳」だ。

和食にウイスキー?と反射的に眉をしかめた記憶があるが、それは学生時代に飲みすぎて痛い目にあったバーボンの印象が強かったからだ。
喉に突き刺さるような強い味と和食が合うわけないと思った印象が変わったのは実際に「膳」を飲んでから。

優しいスマートな味は、竹炭濾過というアイデアが生み出しているらしい。

ハイボールにしてみると優しさが際立って抜群の飲みやすさ。

ぜんぜん

あっと言う間に空だ。

関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント