2008/12/11

最後の晩餐とハイボール

世界で一番好きな飲み物はハイボールなのは間違いないところだが、世界で一番好きな食べ物は何か。

よく「最後の晩餐で食べたいものは何?」という質問があるが、俺は「我が家のカレー」と昔から答えている。

在りし日のばあちゃんの作ったカレーや、母親のスパイシーなカレーが細胞のひとつひとつに染みついていた俺が小学生の頃初めて作ったのはやはりカレーだった。レシピがリンゴをすりおろして入れるものだったので、幼少の癖に甘いものが嫌いだった俺は出来がいまひとつだな、と思ったのを思い出すが、意外にも家族全員がおいしいと言って食べていた。おせじに違いないと思ったが、あの時の両親の年齢に近づいた今はきっと心の底から美味しかったのだろう、とふと思う。

あれから何回カレーを作ったかわからないが、最近の俺のカレーはこんな感じだ。

薄く切ったたまねぎたっぷりとにんにく、鷹の爪をオリーブオイルで炒めて、ざっくり切ったじゃがいも、にんじん、たまねぎを入れて水を2リットル、ホールトマト缶を半分つぶしながら入れて、ローリエ1枚と粒コショウを4、5粒。コンソメスープのキューブを一個投入し、別で炒めてカレー粉を最後にまぶした豚肉を投入。野菜が柔らかくなるまで煮て、カレー粉はゴールデン・カレーの辛口をイン。食べるちょっと前にきのことオクラを入れて出来上がり。

特製きのこカレー

以前はバターでたまねぎを炒めていたが、最近はさっぱり目が好きなので水っぽいカレーを作ろうと心掛けているのだ。ポイントはゴールデン・カレーであることと、ホールトマト。前者はなぜかというと、ばあちゃんも母親もゴールデン・カレーを使っていたからだ。

我が家伝統のカレーとハイボール。なぜか懐かしい味わいだ。

ワインもいいけどハイボールもね

らっきょを忘れたがピクルスとオリーブが新時代を感じさせるマッチング付け合わせ新時代か。でもらっきょと福神漬けにはかなわない。

満員電車のようなピクルスたち

※ピクルスは押すな押すなって感じでぎっしり詰まっててなんだか嬉しい。2本真ん中から抜いたところ。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント