FC2ブログ
2008/11/25

【スコットランド・ハイボール紀行29】旅の仲間

早朝フェリーでアイラを出発。
例によって食堂の座席をキープ。

朝からウイスキーの話

朝からウイスキー談義だ。

ウドさん

話がアイルランドになると、アイルランドいいっすよ!最高っすよ!というウドさんは言う。最高っすよ!はウドさんの口癖の一つで(もうひとつは ご存じのことだと思いますが)、ウドさんにはいくつの最高があるのやら、と思うが、スコットランドの風景が好きな人は好きだと思いますよ、という言葉には信憑性がある。

8時を過ぎて、空が青くなってきた。

雲は白く重なり、その上の水色の中に羽毛のような雲のかけら。
波は静かでフェリーは揺れひとつない。

食堂にはいつのまにか我々しかいなかった。

ゴードンとほくとさんはいつのまにかうちとけ、ウドさんとくにさんは今夜行くパブの相談をしている。

俺は今夜のフライトで帰国するが魂はスコットランドに置いていこう
キング・カズの気持ちになってハイボールに口をつける。
フェリーはゆっくりとすすんでいく。

ゴードンとウドさんがウイスキーのスペルの話をはじめた。kyとkeyの綴りについて。時計を見ると針が8時半を指した(朝の)。

もちろんハイボール

旅の仲間がきっと出来る







関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント