2008/11/18

【スコットランド・ハイボール紀行22】美しき町

ボウモアの町はこじんまりとしていて蒸溜所という大きな岩の周りにくっついた貝のようだ。
雑貨屋さんやお土産物屋さん、肉屋や薬屋、教会やホテルなど主だったお店はここに集まっている。
野原ばかりのアイラ島でなんだかホッとできる場所である。

家々は白壁に窓枠をグリーンや青で縁取りして揃えていて、普段着でもお洒落に装う品のいい女性のようだ。町自体が一つの気持ちを持ってそうしているかのようで、厳しい自然と向き合う北の街でストイックに生きているアイラの人たちの内面を映しているのだろう。

ボウモアの町並み

小雨がぱらつく中を散策した。どの家もしっかり建てられていて美しい町並み。

雑貨屋さんにもウイスキー

やはりウイスキーのラインナップはアイラならでは。

ウイスキー・ソープの店

ウイスキーから作った石鹸。

お土産にもいいかも

石鹸は店の奥で手作りしていた。

まぶしいくらいの日差し

いつのまにか雨は上がり、濡れた歩道を日差しが照らしていた。



ウイスキーだけじゃない旅





関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント