2008/11/16

【スコットランド・ハイボール紀行20】ウイスキー愛

製麦(モルティング)はその名の通り「モルト・ウイスキー」の根幹で、スモーキーだったりピート香だったりというのはこの時に麦芽に焚きこまれる。

従来これを蒸溜所内で行っていたが、手間と経費の関係でアウトソーシングするのが一般的。モルトスターと呼ばれる製麦会社から買っているところが多い。

ボウモアはこのモルティングを自分でやっているオールド・スタイルな蒸溜所だ。

コンクリートの床に水に浸して発芽を促した麦芽を敷き詰めて、均一に発芽させるために数時間おきにシャベルでかきまわす。これがいわゆるフロア・モルティング

フロアモルティングに挑戦

3人で体験させてもらったが、これが結構難しい。なるほど、人件費もかかるし下手なスタッフがやったら麦芽にばらつきも出るだろうし、機械で作業するモルトスターから買うのも理にかなっている。
(モルトスターにはピート香の強さ弱さ等の注文も可能)
でも、こだわりというのはきっとそういうのを超えたところにあるのかもしれない。

この上には?

この上には何が?と上がっていくと・・・。

立ち込めるピート香

ちょうどいいところで発芽を止めるために麦芽を乾燥させているのだった。この下でピートを焚いて、同時に香りをつけるという寸法だ。ボウモアでは18時間乾燥させるそうだ。

三脚もフロアモルティングを体験

くにさん取材に余念なし!

もう立派なスティルポットマニア

美しいスティルポット。もう完全にスティルポットマニアだ。
ラインアームの角度は・・・ちょっと上向き。

ジンジャーさん

スタッフのジンジャーさんは日本好きで自分の名前の刺青まで彫ってしまったそうだ。

ニューメイク。

ニューメイク

この透明なのが・・・9年経つとこうなる。

バーボンカスク9年

昔ながらの製法を守り続けるボウモア。
みんなウイスキーが本当に好きなのだ。
そしてそれに触れた人はみんなウイスキーが好きになってしまうのだ。

今日の名言 「コンデンサー外に出てるんすね!」 (驚嘆) by ほくとさん


合言葉はウイスキー愛




関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

はじめまして!

こんばんは、55aiaiと申します。
ジンジャーさん、というお名前にちょっと反応しました^^

スティルポット、本当に美しいですね。
キスチョコみたいな形のが好きです。
まだ、蒸留所には行ったことがないのですが、行ったらすでに良い香りがしてたりするのでしょうかーー?

No title

はじめまして!

蒸溜所は甘いいい香りがしてましたよ
キスチョコ・・・テトラポットにも似てます
庭に欲しいです 庭がまず必要ですが・・・

ジンジャーさんにしょうがやき食べさせたい
スコットランドはしょうがやきもナポもない不毛の地でした・・・