FC2ブログ
2008/11/15

【スコットランド・ハイボール紀行19】朝から飲む幸せ

この日の朝はまさにアイラ島チックな曇天。
昨日のいい天気が嘘のようで小雨混じり。肩を抱えながらボウモアに到着。

ボウモア

立派なビジターセンターだが、ウドさんにはお気に召さないようで、なんでこんなきれいな風に変えちゃうんでしょうね!とぷりぷりしていた。きっと前のビジターセンターは年輪があって違う意味で趣きがあったのだろう。

ビジターセンターは二階建て

受付はこんな風で、女の子が2人で対応。

いつの日の思い出か

2階はギャラリー兼試飲スペース。モノクロの写真やボウモアを描いた絵がたくさん飾ってあった。

想い出や想い入れたっぷりの空間

こういうディスプレイもなかなか楽しい。

オーシャンビューの試飲ルーム

ギャラリーの裏が海に面した試飲スペース。

窓からは港が一望できて、カモメが乱舞していた。風が強いから飛ぶのが楽しいのかもしれない。

マリナー15年

マリナー15年。まだ朝の10時である。

ボウモア16年

ボウモア16年。

このあとクラフトマンズコレクション13年ものというのをいただいた。女の子に君のおススメは?と聞いてみたのだ。結果としてはこの13年ものが一番おいしかった。シェリー樽で熟成させたしっかりした味と、飴色に変わった液体の色。

せめて半額にして欲しい

こういうレアものがあるのが現地の楽しみだ。

他にも日本では流通していないエニグマという種類も発見、小ボトルをお土産に。限定ものに弱いのは日本人だから?

ゴードンかっこいい

運転手のゴードンさん。まるっきり運転手には見えないエグゼクティブぶり。

もくもくと煙が

キルンからはもくもくと煙が・・・なんだろう?

以下次号。


「ボウモア」って言ってみよう。
2回目はフランス語みたいに。


現地で「ボウモア」って言う楽しみ










関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント