fc2ブログ
2018/02/25

西麻布『眞由膳』でザ・プレミアム・モルツ神泡体験

IMG_7043.jpg

六本木駅からヒルズを越えて横断歩道を渡り渋谷方面に坂を下ると麻布だ。
麻布交差点の手前を右に入り、美味しそうな店がポツポツあるあたり、ここはいかにも美味しそうなムードのある小料理屋。

IMG_7033.jpg

この日はサントリーのご招待で新しいプレモル、「神泡」の披露イベント。
西麻布『眞由膳』に行ってきました。

神泡とは何か?こだわりの素材・製法を備えたプレモル、次のステージに行くには何を開発すれば?というところで「注ぎ方」に目を付けた。こだわりの注ぎ方によって実現したのは今まで以上のクリーミーな泡。
「神泡。ビールのうまさは泡に出る。」のコピーでプロモーションを展開するそうです。

さっそく神泡のプレモル、いただきます!

IMG_7035.jpg

見るからに泡がきめ細かい。口に含むとクリーミーな泡の向こうから冷え冷えのビール。泡とビールのハーモニーでよりプレモルが美味しい。なるほど、と感銘です。

従来の注ぎ方と比べると泡持ちが1.2倍とのこと。確かに置いておいても泡が消えるスピードが遅くて長く美味しさが保たれるというメリットもあるようです。

しかも今回のプロモーションは家業連動!家庭に神泡が進出する新しい企画。

IMG_7044.jpg

神泡体験キットは3/20発売だそう。

IMG_7048.jpg

これを缶に装着して、シュコシュコ泡を出していく。
手動が面倒な人には電動バージョンもあるそうで、いやはや作っちゃうか、と思いました。さすがサントリー。

この企画、最近開発したわけではなくてずっと研究していたそう。
要はモコっとした泡を注げるノズルを新しく開発したとのこと。どのような仕組みなのか興味ありますが、その試みは成功した様子です。

このビールをいただきながら真由膳さんのご馳走、堪能しました。

食べることが好きで料理の道に入ったという眞由美さん(その名をとって『眞由膳』です)。
この前はカニを食べに福井へ行ってきたそうで、これを食べに旅に出る、というのはいい動機だなあと旅好きの俺は勝手にシンパシー。そして料理に胸が高まります。

IMG_7054-001.jpg

まずはいきアワビの茶碗蒸し。旨い!プリッとしたアワビに柚子の風味。アワビですよアワビってだけでドキドキ感がいきなり頂点。

IMG_7056.jpg

お造りは黒むつとヒラメ。黒むつ美味すぎる!ほわっとほろけます。黒むつは伊豆の川奈、ヒラメは和歌山からとのこと。

IMG_7058.jpg

八寸は山菜の白和え、コチの手毬寿司、卵焼き、菜の花の辛子和え、白子ポン酢。
山菜はうるいとふきのとう、たらの芽です。

こういう手の込んだ肴は本当にうれしい。プレモルがすすみます。
玉子焼きは深い味の美味しさ!白子って敬遠してましたが・・・美味しいんですね。

IMG_7061.jpg

足赤えびのグラタン仕立ては赤えびの焦げ感が抜群に美味。

IMG_7052.jpg

この辺から角ハイボールをチェイサーに。

IMG_7062.jpg

至福です。

IMG_7064.jpg

カキフライはふきのとうのタルタルと。サクジュワ―とジューシーな牡蠣。

IMG_7065.jpg

しめは鴨つくねの稲庭うどん。
旨みたっぷりの鴨つくねにつるつるのど越しのうどん。〆に最適でした。

穴場感あるロケーションとあったかい接客ムード、清潔でシンプルな店内はデートでも接待でも大人の男同士の語り合いでも色々用途で使えそう。完全禁煙なのも料理メインで楽しみたい方には良さそうです。

和食に合うだけでなくて味を高めるというか、その特徴的な味を生かして、いわゆるワインのマリアージュ的な感じも楽しめるプレモル。神泡という新しい武器がしかも家食に。眞由膳さんほどのクオリティは家では難しいとは思うものの、食卓が面白くより美味しくなるのは間違いないだろうなあ、と思いつつ家路につく俺なのでした。

眞由膳割烹・小料理 / 乃木坂駅六本木駅広尾駅

夜総合点★★★★ 4.0

関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント