2017/02/01

五反田『ばん』でもつ焼きと角ハイボール

2017-02-139.jpg


五反田駅東口と言えば場末中の場末、都内23区で言えば錦糸町南口、池袋東口と並ぶハードコアスポット。呼び込みの兄ちゃんをくぐり抜けていくといい店があるのも似ている。

今夜のスタートはこの辺で人気のもつ焼き店『ばん』から。深い夜になりそうだ。

狭い入り口を入ると鈴なりのアニキたち。コの字カウンターの左側はテーブル席。
ほぼ満席の中、カウンターの空いた席に滑り込んだ。

忙しそうな店員さん、こういうざっかけない店はサッと頼まないとファーストオーダーに困る場合が多い。声をかけるタイミングを失うのだ。おしぼりを持ってきてくれたお姉さんにビール大瓶500円を頼む。その間も俺の頭はフル回転だ。

レバー2本タレ、ハツにしようか頭にしようか。
カシラ2本タレ、もう一種類くらき食べたいけど。
つくね2本、塩で!

プラス今日のオススメなんですか?と聞く間にメニューを端から端まで読む。後ろの黒板に、というおすすめは、山芋揚げ、マグロ刺、ブリ刺し。

山芋揚げ280円をたのみ、あとは、お新香盛り合わせ280円。

これで安心だ。

焼き場さんはハードボイルドなムードで、すいません!と連呼してる若者の声をスルー!
これされたら堪えるなあ、と思うがこれがみんなが通った道、酒場の試練である。

2017-02-135.jpg

山芋揚げはシンプルだけどサクッとして美味しい。山芋はすってもよし、叩いてもよし、揚げてもよし。

焼き物が無言で上からやってきました。

2017-02-136.jpg

このボリューム感で1本100円程度だから恐れ入る。
タレは意外にサッパリ系、肉の旨みがぎっしりと言った感じ。
お得感あります。

2017-02-137.jpg

レバー食べながら角のハイボール。

自分で作るタイプ!嬉しいなあと思いつつゆっくり注ぎました。

2017-02-138.jpg

炭酸濃いめのハイボールを飲みながらレバーを食べる。
幸せとはこういうことを言うのだ。

ばんもつ焼き / 五反田駅大崎広小路駅高輪台駅

夜総合点★★★★ 4.0

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント