2016/12/16

六本木『WHISKY HILLS 2016』で知多ハイボールと世界5大ウイスキー

R0023802-001.jpg

この前まで暑くてバテる寸前だったのだが、ふと気が付くと12月。

街は例年のようにクリスマスムードが高まっている。

今年も去年と同じようにハイボールを呑んでいた1年だった、とふと振り返るのも12月で、毎年変わらないのはいいことなのか悪いことなのか。行く人来る人のことも振り返り、同じようで違う1年だった、とも思う。

そう、少し感傷的になるのも12月なのだ。

R0023826.jpg

12月のイベントといえばもう定着した感のある六本木の「WHISKY HILLS」
その名の通り六本木ヒルズを舞台に行われるウイスキーイベントだ。

サントリーのご招待を受けて今年も参加しました。

六本木へやってきたのは土曜の昼下がり、元全日本バレー選手だった佐々木太一さんのウイスキーセミナー。

バレーボールとウイスキーという組み合わせに正直首をひねったが、サントリーの企業チームに所属していた佐々木さんが引退後にウイスキーの営業の仕事をすることになり、日本に4人しかいないウイスキーアンバサダーの資格を取って持ち前のトーク力を生かしつつウイスキーの良さを広めるまさに伝道師をしている・・・ということらしい。

六本木ヒルズの大きな蜘蛛のオブジェをくぐり抜けて森美術館に入る入口の右手、ヒルズカフェが期間中は特設店舗に変わっていて、そこを貸し切ってのウイスキーセミナーである。

サントリーが最近5大ウイスキーと銘打ってテイスティングセットを提案しているのは旧知の事実だが、佐々木さんのトーク力と共に味わうとまた違う趣きだった。

ウェルカムドリンクは知多のハイボール。

久々に飲んだ知多のハイボールはすっきりとした中に爽やかな甘さがあって美味しい。

R0023801-001.jpg

親父世代ではオールドが定番だったが、その頃成人男性の人数で換算すると、ウイスキーを1年で6本飲んでいたことになるらしい。俺は換算したら6本以上飲んでるが、計算するのが恐ろしい。

R0023812.jpg

佐々木さんの軽快なトークでセミナーがスタート。

テイスティングはカナディアンクラブから。香りが開くから、ということでテイスティングウォーターを少しグラスに注ぐ。確かにふわっと香りが立つ。

R0023809.jpg

禁酒法時代、アルカポネが広めたというカナディアンクラブ。なんとデトロイトの凍った河の下にトンネルを掘ってウイスキーを運んだというから恐れ入る。癖のなさが特長で飲みやすい。

R0023815.jpg

知多はブレンデット・ウイスキーのベースとなるグレーンから作られた珍しいシングルモルト。バンドで例えるとまさにベースのように目立たずに味を刻むその個性の通り、なんと出汁を使った料理にも合うのだ。

R0023819.jpg

メーカーズマークは蝋で封じられたボトルが印象的なバーボン・ウイスキー。スムーズで甘さのある味わい。

R0023818.jpg

ウイスキーの元祖と言われるアイルランドからはカネマラ。フルーツ感のある後味とスモーキーさが特長だ。

R0023820.jpg

最後は聖地スコットランドの至宝・ラフロイグ。
強いヨード香が正露丸のような、だから癖になるのか、この香りを嗅ぐだけでこの時のことを思い出し陶然となる。
そんな想い出をくれたウイスキーには足を向けては寝られない。

個性豊かなウイスキーの味わいに参加者のみなさんも感心した様子。
俺自身はラフロイグとカネマラに惹かれるが、それぞれ合わせる料理によってきっと良さがあると感じた。

佐々木さんにアイラ島に行ったことある人いますか?と問われて手を挙げたのは俺一人で、佐々木さんに「今日来なくても良かったんじゃないですか!?」と言われて謝ると場内が和んだ。

R0023824.jpg

セミナーの〆はウイスキーカクテルのオールドファッションド。
メーカーズマークにカリブシロップなどを入れてレモンとライムとオレンジをいれた贅沢なカクテルだ。
柑橘の爽やかな香りがメーカーズマークの華やかな甘さと相まってうまい。

あっという間の1時間半。佐々木さんのトークとテイスティングでウイスキーがまた好きになった。

「ウイスキーヒルズラウンジ」の営業は12月18日(日)まで。周辺店舗でウイスキーヒルズのリーフレットを見せると知多のハイボールが300円になるキャンペーンや「B bar Roppongi」でバカラのグラスで贅沢にウイスキーを飲む、というイベントは12月25日(月)まで実施中だ。

好きなあの娘を誘って行ってみるのも一興だ。ウイスキーが2人の夜を彩りいつか朝が白むまで・・・。何しろクリスマスですから!・・・やれやれ。まだまだ酒が足りないようだ。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント