2016/09/11

八丈島行き『橘丸』でトリスハイボール

R0023584.jpg

金曜夜の竹芝桟橋はこれから島へ渡る人たちの笑顔で賑やかだった。

R0023550.jpg

終点の八丈島まで行く橘丸は夜の22時半発。三宅島朝の5時、御蔵島6時、を経て朝の8時50分に八丈島着。
約11時間の船中泊の旅である。

向こうでは1泊、行きも帰りも船なので、船中と現地の時間がほぼ同じ。
ちょっとクレイジーな気もしたが、まあ旅とは非日常だからいいだろう。

IMG_4447.jpg

今回の旅の目的の一つは何といってもこのフェリー。

2014年6月に進水したばかりの新造船「橘丸」は5681トン、全長118メートル、全幅17メートル、旅客定員は御蔵島まで最大1000人、八丈島までは最大596人の巨大な旅客船。ディーゼルと電動駆動プロペラのハイブリッド式で低燃費・低騒音・低振動を実現し、排ガスにも配慮したスーパー・エコシップなのだ。快適性も向上していて、いわゆる雑魚寝で重油くさいフェリー像とは全く違うのだ。

その辺の男っぽいメカニック要素はもちろんだが、ハイボーラーとしてはなんといってもそのデザインと名前を付けたのが巨匠・柳原良平さんだということに大きく惹かれた。自らを「船キチ」と呼んだ柳原さんはサントリー入社後にトリスウイスキーのCMを担当しアンクルトリスというキャラクターを生み出した。

R0023578.jpg

船内のあちこちにキャラクターがあって楽しい。

R0023583.jpg

もちろんハイボールも売ってます。

R0023587.jpg

船が出てしばらくは夜景が楽しめる。

R0023554.jpg

まずは賑わう甲板でハイボール!

R0023553.jpg

旅はまだまだ長い。
八丈島まで、あと10時間!

R0023569.jpg

カメラ係なのにカメラ忘れたヒロシも楽しそう。

奮発して二等寝台にしたのが大正解。

R0023574.jpg

個室ドミトリー感覚なので非常に快適。しかもこの奥まったところの4人がメンバーなのでなんか個室的でした。

シャワーも食堂もありますが、食堂は時間が決まっているので要注意。
時間外は食堂スペースで飲み食い可能です。

他の乗船客はダイバー風の女性グループか釣り好きの男たち。
自転車を積み込んでる白人もいて、結構バラエティ感ありました。

寝てしまうとあっという間に翌朝。
アネロン飲んでたのでまったく酔いもありませんでしたが、揺れに弱いぼんやり王子はダウン。

R0023588.jpg

御蔵島を過ぎるとそれなりに揺れましたが海の男の血を引く俺はまったく大丈夫。
普段から酔ってゆらゆらしてるので免疫があるのかもしれません。

R0023589.jpg

朝の甲板は静か。寝ているツワモノもいますが、一晩中ここは辛いと思う。

R0023591.jpg

太平洋を南へ走る橘丸の雄姿。しかし昔の人はよく八丈島まで行ったもんだと感心至極です。

R0023592.jpg

島が見えてきました。もうすぐ到着。

思ったよりも楽な船旅でした。
何より楽しいのでおすすめです。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント