2016/08/30

博多駅『住吉酒販』で天使の誘惑ハイボールとさつま節

IMG_4431.jpg

博多と言えば明太子、明太子と言えば「ふくや」。俺は博多駅デイトスヘ向かった。空港で「ふくや」の明太子は売っていないのだ。

購入して思い出した。そういえばデイトスに角打ちがあったはずだ。一杯やっていこう。うろうろ探すものの、それらしい店が見当たらない。何しろ普通にお土産が売っているスペースである。

ディレクトリーを見て探していくと発見。
あれ、普通の酒屋じゃん、と拍子抜けしたが、角打ちというのはそういうものなのだ。
狭いスペースに所狭しと酒が並んでいて、バックパックを背負った俺は入るのに躊躇した。

よく見ると奥にカウンターがあり、女性が3名酒を飲んでいた。その横に男性1人客。
混んでるなあと思いつつ酒に惹かれてふらふらと入っていくと、広めのカウンターなのでみなさんの対面に位置すればいいのでした。

こちら、最初にお金に見立てた花札を買って、そこから払っていくシステム。なるほど。猪鹿蝶とは風流だ。

九州と言えば焼酎。今日はウイスキーではなくて、焼酎ハイボールを呑んでみよう。

焼酎は鹿児島の芋焼酎「天使の誘惑」。
樫樽で熟成させたウイスキーのような芋焼酎だ。

確かに色も琥珀色で味は深い!しっかりした芳醇な味わいがソーダで際立って美味しい。

酒はもちろんだがつまみもたくさん。
しかも九州の名物が多数。

産地を合わせて、同じ鹿児島の鰹の生節「さつま節」をオーダー。

IMG_4434.jpg

安いのに大量!
薄く削がれた鰹の生節はほのかな燻製臭があって樽香の効いたハイボールに相性よし。

漬物はしゃきっとした中にしっかりした味が付いていて美味しい。

IMG_4433.jpg

女性たちは楽しそうにお代わりしていたけれど、俺は飛行機の時間が近いのでグイッとハイボールを呑んでお暇することにする。

酒の種類と取り扱い豊富、店員さんはフレンドリーで知識豊富、つまみも安くてうまくて禁煙。
ついでにお土産まで買えてしまうという素晴らしさ。
さつま節、1000円くらいで1本購入しました。

駅ナカにこんな粋な角打ちがあるとは、さすが酒飲み天国・博多。
今度はゆっくりお邪魔したい、と思うがサクッと呑んで出るのが立飲みの流儀。正しい使い方だろう。

住吉酒販 博多駅店立ち飲み居酒屋・バー / 博多駅祇園駅東比恵駅

昼総合点★★★★ 4.5



関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント