2016/05/07

東京駅八重洲口『博雅』で棒餃子とハイボール

IMG_4056.jpg

餃子というのは定期的に食べたくなるものらしい。
ついこの前食べたばかりだというのにまたも餃子熱が上がってきた。

問題は今がGWだということで、サラリーマン御用達の店は日曜祝日お休みのところが多いのだ。

日曜祝日もオープンのこの店なら安心。
東京駅八重洲口『博雅』にGO!

IMG_4057.jpg

一応隣の餃子の名店「泰興楼」も覗いてみたがやはり祝日はお休みだ。
なので『博雅』にサッと14時頃に入店。店内結構混んでいる。

こちらスイートポーヅ風の棒餃子と具だくさんの水餃子が名物で、見渡すとほぼ全員食べていた。

まずはハイボールで喉を潤す。

IMG_4054.jpg

それなりのソーダ感だがウっとくる濃さ。これは昼から酔う予感。

迷いながら棒餃子と変わったメニューということで目をひいたナス炒めそばを注文。
定食メニューも種類ありました。
しかし東京駅八重洲口なのにほんとに町の中華屋の佇まい。平日のランチタイムはお父さんたちで満席なんだろうなあと想像。

棒餃子700円は大きめの餃子が6つ。

IMG_4056.jpg

これは名物と呼ぶにふさわしいルックスです。
齧るとサクッとして中はジューシー。みじん切りにされたキャベツがふんわりした食感となって美味しい。
さすが老舗です。

IMG_4055.jpg


ナス炒めそばは薄切りのナスがたっぷり入ってますが、これは炒めの油が結構きつい。
濃い味醤油のスープは油濃いめでちょっと完食はギブアップ。

食べてるうちに店内ラスト客になり、大陸系のみなさんがまかないを食べ始めるリラックスタイム。

ごちそうさまを言って退店です。

正しい街の中華屋が大都会東京のど真ん中にまだ残っているのが嬉しい昼下がり。
次回は水餃子を食べてみたいです。

博雅中華料理 / 東京駅京橋駅日本橋駅

昼総合点★★★☆☆ 3.0



関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント