2016/05/21

神楽坂『ビストロ魚バカ一代』でサントリー日本ワイン甲州と車海老のカダイフ揚げ

IMG_3987.jpg

雨が似合う町、というと俺の中では神楽坂だ。

そぼ降る雨なのに傘が無いこの日。
傘を持っていない俺はずうずうしくもビニール傘に入れてもらいながら神楽坂を上る。
目指す店はこの辺なんだけどな、と思いつつ本多横丁に入り、ここ美味しいんだよね、など言いながらぐるっと一周。
無い。おかしいな、と思っていたところお店から電話をいただき、ナビをお願いしたところ、なんと神楽坂のメインストリート沿いだった・・・。

俺としたことが、隣の店の中国エステの看板に目がいっていたようだ。
メインストリート沿いなのに隠れ家ムード(というか隠れている)『ビストロ魚バカ一代』にサントリーの日本ワイン企画で入店だ。


ドアを開けるとお洒落な店内。
左手にテーブル席が並び右手がオープンカウンター。
なんとなく昔は喫茶店だったのかな、という作りだが違和感なし。

店内は半分くらいの入りで女性客が多い。
おじさんたちが新橋に集うように女の子たちは神楽坂に集うのだろう。
そうさせるのがわかるような洒落た店内。

IMG_3990.jpg

メニューを見ると結構いい値段なので安い酒場に慣れた俺は若干のけぞった。
女子は酒をあまり飲まないから食事に金を使えるのだな。

IMG_3984.jpg

こちらお通しがかなり変わっていて、活車海老である。

その名の通り生きている!

店員の女の子が説明に来てくれて、氷に入れて仮死状態にした車海老を自分で剥いて食べるらしい。
俺はそういうの無理なので、処理していただきました。
うん、美味しい。新鮮!(そりゃそうか)

IMG_3983.jpg

この日は日本ワインをメインでいただくことに。
ジャパンプレミアム甲州です。

すっきりした中に和柑橘風の香りと旨み、すーっとした後味が美味しい。

IMG_3986.jpg

前菜はカルパッチョ1100円。この日の魚はアイナメ。珍しいなあと思いつつ食す。うん、美味しい。
甲州が魚介に合うなあ、と思いつつぐいぐいワインがすすみます。

こちらのお店、日本の旬の魚介を洋風に仕立てたビストロ。
魚も刺身ばかりじゃつまらないので、そのアイデアは非常にいいと思います。

車海老のカダイフ揚げ1300円。

IMG_3989.jpg

カダイフってなんだろう?カダフィ?と頭の中ハテナですが、うん、これは優しい味のエビフライ。
これは素晴らしく美味しい。

IMG_3988.jpg

甲州との相性も抜群です。

IMG_3992.jpg

タルタルソースって美味しいですね。

IMG_3993.jpg

カニクリームコロッケならぬ車海老クリームコロッケ。

IMG_3994.jpg

ほんのりトマト風の濃厚海老ソースとふんわりクリームがうまい!

白ワインと海老メインの料理がお洒落な空間で楽しめました。
勢いのある店名ですが店内は女子会またはデート仕様のミスマッチ感。

女の子連れてったら喜ばれるのではないでしょうか。
男目線ではボリューム感があるともっと嬉しいですが。

退店したら土砂降りですが、神楽坂は名店揃い。
二軒目に足を向けたのでした。

■神楽坂魚バカ一代
東京都新宿区神楽坂3-2 神楽坂Kビル 1F
03-6280-8827

■サントリー日本ワイン ジャパンプレミアム 甲州

■サントリー日本ワイン Amazon特集ページ

ビストロ魚バカ一代 神楽坂店居酒屋 / 飯田橋駅牛込神楽坂駅神楽坂駅

夜総合点★★★☆☆ 3.0


関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント