2016/04/05

高田馬場『KFC』でフライドチキンとカーネルハイボール

IMG_3859.jpg

住んでいても東京は広い。
特に俺のような東側住民にとって距離的にも心理的にも遠いのが西側だ。
この日は人生で10回も来ていない高田馬場。

なんと高田馬場では、おなじみケンタッキーフライドチキンで酒が飲めるらしい。
いわゆる「チョイ呑み」にケンタッキーが進出だ!

店内は明るくパブ風というかアメリカのダイナー風。

IMG_3861.jpg

レジ横ではビアサーバーとハイボールサーバーが計5つ光り輝いている。

IMG_3856.jpg

カーネル・サンダース翁のサーバーがハイボールのサーバー。

1人がけ用のカウンターと、1人でも2人でも使える背の高いテーブルの奥に4人がけと2人がけのテーブル。

吉野家から始まったチェーンでのチョイ呑みブーム。
フレッシュネスバーガーや冨士そばや、今や色んな店舗で酒が飲めるようになって、ついにKFCが進出。
昼はカフェ、夜はバル形式で17時からアルコールと違うメニューが注文できるようです。

KFCの狙いは「おひとりさま女子」だそうで、確かにおっさんの1人呑み店は普通にあるけど、手軽に気兼ねなく女性が1人呑み出来る店ってなかなかない。
清潔で禁煙で明るくてお洒落で安心感がある店、という意味ではなかなかいい感じに仕上がっているのでは。
バーメニューのあるカフェ的なところやパブで飲むという手もあるけど、飲み屋の方に傾くとチャージ取られたりどうしても高く付いてしまうので、ファーストフード店で呑めるというのはいいと思う俺。

まずはサントリーとKFCが共同開発したというカーネルハイボール。

IMG_3857.jpg

秘密のスパイスを振りかけてるそうで、ブラウンがかった色が特徴的なハイボールだ。
すっきりしてるけどちょっと甘めな味が面白い。どこかで飲んだことがあるような。。ちょっとコーラ風味?

IMG_3858.jpg

フライドチキンは2ピースでポテト付き550円。
ついついナイフとフォークで食べてしまうが、ここはケンタッキーだ、ということに気付いて紙ナプキンで手づかみにシフト。
うん、この指がベトベトになる油はまさにケンタッキー・フライドチキン!
スパイシーな味付けとサクっとベトっとな感じが癖になる。

から揚げとはまた違う美味しさなんだよなと思いながらカーネルハイボール460円。
濃い味と甘みがフライドチキンと合う。
この組合せは、酒を飲んでいるというよりも、ソフトドリンクと一緒に食べている感じに近いので違和感がまるでない。

もともとから揚げとハイボールは抜群の相性なので、合わないわけがない。
そしてKFCで酒が飲めなかったのがなんとも不思議、と思う。

IMG_3862.jpg

2杯目はスタンダードな角ハイボール。
これは安定感あるなあ。やはり親しんだ味が安心感あり。

IMG_3855.jpg

オニオンリングもハイボールに合う。揚げ物とは相性がいいのだ。

IMG_3863.jpg

3杯目は配分間違えたようで激的に濃いハイボール。
俺がハイボールのヘビーユーザーと知っての濃い目なら・・・出来るな店長!

IMG_3864.jpg

なんとパスタもありました。
700円はちょっと高いかなと言う気もしましたが、しっかりした味はつまみにも良し。

IMG_3865.jpg

チョイ呑みの利点はサッと飲めると言う点と、チャージが無いというところ。
改めてファーストフード店でのチョイ呑みの良さを感じた夜でした。
この店の場合は禁煙というのも女性に嬉しいんではないでしょうか。

差別化視点も含めて、スタンディングスペースがあってもいいんじゃないかなと思った俺。

気が付いたら2時間くらいいて、まったく「チョイ呑み」じゃないことに気付いた我々。

隣のお客さんは3回転してたので、我々が空気読んで無かっただけだと思われます・・・。
利益率も高そうなので、他のファーストフードチェーンもどんどんチョイ呑み市場に進出して欲しいものです。

ケンタッキーフライドチキン 高田馬場店レストラン(その他) / 高田馬場駅西早稲田駅学習院下駅

夜総合点★★★☆☆ 3.5

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント