2015/01/29

函館『四季粋花亭』で角ハイボール


飲み歩きの先達としてリスペクトしてやまないのが太田和彦さん
いつかバーで隣り合わせた時には緊張したが、プライベートだからと気付かないふりをした控えめな俺だ。

そんな太田さんがdanchuでおすすめしてたのがこの店。
函館は五稜郭公園前から徒歩5分の四季粋花亭へ予約して入店だ。

R0021913.jpg


18時に予約して開店と同時に入店。

綺麗で明るい店内は右手が小上がりになっていて3テーブル。左手に4人ほどのカウンター。
小上がりに通されてまずはお通し。

R0021910.jpg

切り干し大根、タコの梅和え、干し柿とカマンベールなどの豪華なお通し。
食べるのがもったいないくらいです。

干し柿とカマンベールは家で真似してみよう。

R0021911.jpg

刺身は盛り合わせに。
タラの昆布〆、油子(あいなめ)、まぐろ、タコの頭、ニシンなど。
どれもこれも新鮮で手が込んでいてびっくりです。全て道内産。

R0021913.jpg

角ハイボール400円はお酒のチェイサーです!

この後いくつか頼みましたが、わかめなどの酢の物が素晴らしい出来でした。

R0021914.jpg

カジカのみそ仕立てはお椀風に。
カジカって食べたことなかったけどなんだか鶏肉みたい。

まさかカエルじゃないよね、と調べたらこんな魚でした。

卵や肝も入ってて贅沢至極。

ぶっきらぼう風な大将も退店時には笑って見送ってくれました。

なんだかとってもまともなお店ですが単品は居酒屋価格でびっくり。
お刺身が比較的高く付く感じがしたので、アラカルトだけなら函館ならではの面白い料理でかなりお得感あると思います。

次は焼き物が食べてみたい。
春夏秋冬行ったらいろんな魚をいろんなメニューで食べれそうです。

p>四季 粋花亭割烹・小料理 / 五稜郭公園前駅杉並町駅中央病院前駅

夜総合点★★★★ 4.0


関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント