fc2ブログ
2014/11/29

「六本木ぶんぷく釜屋」でトリュフのカルボナーラうどんとハイボール

風が冷たくなってきた。

ガーターベルトを模したストッキングを履いた女の足を愛でながら階段を上ると六本木だ。
浮ついた風の男女を横目にミッドタウン方面に向かう。

ミッドタウンの対面あたりの新しいビルに差し掛かるとロングヘアを後ろでまとめたイケメンの呼び込みが立ちはだかった。
「オープンしたばかりなんですよ、いい子いますよ!」
錦糸町で呼び込みと毎日会話している俺は呼び込みには慣れている。
こういう時には「決まってるんで」とにっこり愛想良く足早に去ることだ。
無視すると逆切れされることがある。呼び込みだって人間だ。

この日の呼び込みはよほど困っているのか執拗だった。
「何階ですか?」
1階だよ、と心で言いながら振り返らずに右手を振った。

今日向かったのはオープンしたばかりのこの店。ぶんぷく釜屋である。

R0021674.jpg

茶釜から顔を出した狸をイメージしながら入店。
スポンサーサイト



続きを読む