fc2ブログ
2009/11/20

渋谷あなぐまでハイボール

いわゆる隠れ家という触れ込みの店はかくあれど、正直その名称で売ってる店が溢れすぎて陳腐化してるなと思うのは俺だけではないはずだが、Mさんのブログで知ったこの店はロケーション自体がまさに隠れ家で初めて行く人はきっと驚く。

喜楽やムルギー、ライオンやBYGなど青春時代を過ごした道玄坂の店たち。その奥に広がる円山町は渋谷のもうひとつの顔だ。その深く広がる海へダイブする前には酒で勢いをつけなくてはならない。
そんなニーズにもきっと使える店、あなぐまです。

迷ってたどり着いた方がきっとドラマチックで、特に付き合う前の2人など、「この人どこに連れていくのかしら・・・」と思われること請け合いである。

レバーパテ

まずはレバーのパテ。バターの蓋を外すと意外にさっぱりしたパテが現れる。パンお代わり自由なのがうれしい。

煮込み

煮込みは洋風な感じ。ネギが効いてます。

グラタン

グラタンは大中小あってこれは大。大1800円で小1300円だそうで、大がオトク。

ハイボール濃すぎ

ハイボールは自分で作ります。
角多すぎ!ですぐ酔えます。

しっかりした料理もおいしいのですが、まさにあなぐまのようなマスターのマシンガントークが最大の名物。
しっかり食べて飲めるこちらのお店、お腹いっぱいで行くとマスターに怒られるので要注意。

もうすぐ冬眠に入るそうなので、早めの訪問したいところ。
燻製が名物だそうなので、次回は燻製メインでいただきたいと思います。

あなぐま (バー / 渋谷、神泉)
★★★★ 4.0


2009/11/19

カレーの魔力とハイボール

「今日の夕飯は何にしよう」というのが俺のいつもの悩みで、夕方になるとたいていこのことを考えている。中華がいいか、はたまた和食か。いやいや洋食がいいのでは。昨日はワインだったから今日は焼酎がいいかも。焼酎となると和食だろう。なんて歩いている帰り道、ココイチがある前を通りがかるとカレーの匂い。スパイシーな香りをかいだ瞬間、やっぱカレーにするか、となる。今まで考えてた時間はなんだったんだいったい。

というわけでカレーの魔力はすごい。

スパイシーなカレーライス


カレー用豚肉をゴロゴロ入れて、仕上げにガラムマサラ。メインはゴールデンカレーの辛口です。
最後に投入したグリンピースがいい感じ。

合わせるのはウィルキンソンで作ったハイボール。
さすがソーダが強くてうまい!

三つ子の魂百まで、とつぶやきながらスプーンを口に運ぶ俺なのでした。
2009/11/18

九州のお取り寄せキッチン ちかっぱでハイボール②

さて、この日九州のお取り寄せキッチン ちかっぱに集まったのはそうそうたるメンバー。

ご存じくにさん、ほんわかプチトマ子さん、築地はまかせろのつきじろうさん、ブロガー界のクイーン55aiaiさん、いつもおいしそうなランチがうらやましいのむのむさん、居酒屋オーソリティMさん、1コインにこだわるぎずもさん

並みいる名ブロガーさんたちを前に緊張の俺でしたが・・・まあ飲んでしまえばいつものペースです。

この店、ハイボールならぬ酎ボールをアピールしてるというので、ラインアップを拝見。

酎ボールです

まず店員さんのおすすめ熊本トニックをいただきます。

熊本トニック

うーん、トニック!すごく飲みやすくて焼酎の味があまりしない感じ。でもこんな飲み方があるんだと感心。これ、焼酎苦手な人でもいけます。

とり天

とり天をいただきながら・・・。

宮崎ボール

宮崎ボールです。中々のハイボール。うーん、ハイボールは香りが生きる飲み方なんだけど、中々の香りって結構きついので、それが香りたって鼻に付くというか。

鹿児島ボール

次は鹿児島ボール。人気焼酎富乃宝山のハイボール。これは味がまろやかになって割らないと出ない味になってて面白いと思いました。ラフロイグをハイボールにすると味が変わるような。そんな飲み方の可能性を感じました。

まあまあ・・・おっとっと・・・

俺がハイボールに集中してる間においしそうな焼酎の飲み方をしているプチトマ子さんのむのむさん焼酎のお燗です。

R0014275.jpg

今回の料理で一番おいしくいただいたのはこのせいろ蒸ししゃぶ。

R0014271.jpg


野菜とキノコをしいて昆布だしで蒸したせいろにドングリや椎の実を食べて育ったイベリコ豚のような対馬産のイノシシ肉をイン。

イノシシ肉っておいしいです

思い出しても涎が出るパブロフの犬状態。

もつ鍋も

九州と言えばのもつ鍋もあります。

奄美トニック

ラストに奄美トニックを注文。トニックの味と黒糖焼酎の個性がぶつかり合ってよくわからないことになってます。面白い!

酎ボールの中では俺は鹿児島ボールが気に入りました。

干物でかっ

ラストはつきじろうさんのリクエストで干物。
しかしこれをランチで出すそうで、出てきたら驚くサイズです。

お取り寄せも購入可能

レジ横ではお取り寄せグルメを購入可能。一粒で二度おいしい。

なんだか素敵な店でした

デートでもいいのではないでしょうか。知らない食材で話題弾みそうです。

いろんなメニューがあって目移りしてしまう店ですが、選択の幅があるのでいろんな人と来れそう。
ただ、お取り寄せを前面に出すとよくわからないので「九州料理」をまず押し出すといいのでは。
しかし新宿駅そばにいい店発見。年末の忘年会にも良さそうです。
2009/11/17

九州のお取り寄せキッチン ちかっぱでハイボール①

九州の魚って美味しいです

このときから懇意にさせていただいているくにさんからの号令。

新宿に九州からのお取り寄せを食べさせてくれる店があるそうなので行ってみませんか、というお誘い。
お取り寄せ?なんだかよくわからないが、行ってみるか、という感じで足を運んだ。
何しろ昔から九州、福岡、博多、という響きに弱い俺なのだ。

新宿南口、フラッグス前の階段を降りて左に東口へ向かって徒歩すぐ、素晴らしくいいロケーションにあるこの店、九州のお取り寄せキッチン ちかっぱ です。
ちかっぱ、というのは「力いっぱい」「ものすごく」という意味だそうで、なるほどいいネーミング。

お通しもなんだかこってます

お通しは宮崎千切り大根煮と長崎鰯と飛魚のカンボコ(かまぼこ)。
のっけから凝ってます。酒が欲しくなる味!

こちら九州各地で厳選した生産者さんと契約しているそうで、そこから食材を直送してもらっているというお店。とにかく色んなものがあります。

でかっ

これも九州から直送した魚たち。真ダイ、ごんアジ、玄ちゃんアジ。
ひえーこんな立派なものをお取り寄せで!

ハイボール

とりあえず最初はハイボール!

もうごくごく飲んでしまう。

刺し盛りです

来ました!刺身盛り合わせ!

玄ちゃんアジ、平政、平スズキ、アオリイカ、ヨコワ(メジマグロ)!

ありがたやありがたや・・・。どれも五島灘や玄海灘、ヨコワは壱岐産。

しょうゆはフンドーキン

しょうゆはフンドーキンの九州醤油。甘め!

ゆずごしょう

ゆずごしょうも数量限定の産直品。お店の方が現地まで買い付けに行って契約してきたそうです。
九州ではゆずごしょうで刺身を食べるのが通だとか。

うまい・・・

あまりのおいしさに手が震えて・・・。

出来たてすくい豆腐

次は豆乳から作ったすくい豆腐。藻塩で食べると一段とうまい!

いわし明太

いわし明太は落ち着いた味。化学調味料で舌がしびれることもなく、しょっぱ過ぎないいい味。ご飯が欲しい。

馬刺し三種盛り

馬刺しは言葉が出ません。

R0014252.jpg

九州産の新鮮野菜をまるかじり。見たことのない野菜がたくさんありました。
ヘチマって美味しいんだ、って初めて知った。

さつま地鶏の柚子胡椒焼き

カラっと揚がった地鶏に柚子胡椒が合う!

さて、一気に紹介してそろそろ喉が渇いてきました。
この店には変わったハイボールがあります。次回ご紹介します!
2009/11/16

夕暮れバーでハイボール

久々に晴れた休日の夕暮れ、ベランダにテーブルを広げて夕暮れバーを開店。

まずはハイボールシャンパンスタイル

ハイボールシャンパンスタイル

ソーダはウィルキンソン。やはり泡立ちが違う。

人生はシャンパンの泡のようなものだ

浮かんでは消える泡。想い出のようだ。

つまみはモロゾフ

つまみはモロゾフの栗のプリン。
すごい栗味!秋ですね。

ハイランドパーク12年

そして餞別でもらったハイランドパーク12年の封を切る。

濃い色と同じく味も濃厚

鼻にくる香りは最北端の蒸留所ならではなのだろうか。
口に含むと濃厚な荒々しさ。その中に蜜のような甘さと残る余韻。

マンションやビルがオレンジ色に染まっていく。この時のことを思い出した。また行きたいなあ・・・。