fc2ブログ
2009/04/21

世界遺産航路で思う日本の未来とハイボールのこと

広島に行くなら行かねばなるまいというスポットが原爆ドーム。そして宮島。共通点は世界遺産であるということで、これを一度に見れる方法がある。世界遺産航路である。

平和公園脇の桟橋

爆心地(という言葉には素直にハートが慄然とする)近くにある桟橋からスタート。宮島まで約50分の船旅。

マーティと12人の使徒

待合室にはカープの「最後の晩餐」図。この辺のユーモラスさというかウィットさがカープの魅力だろう。※解説は袋とじで!

河から見る原爆ドーム

原爆ドームを河から見る。妙に迫力のある代物だ。これが街中に普通にある。まったく知らない人が見てもやはり禍々しさを感じるに違いない。そのために残しているものだと思うが、その任は十分に果たしていると思う。俺は高校の修学旅行で長崎に行ったが、恐ろしさで夜寝れなかったことを思い出す。なにしろ9万人という命がズドーンと亡くなっているのである。夜のしじまに9万人の呪いを感じたのである。異論反論あるかもしれないがなるべく心が柔らかいうちに広島・長崎は行くべきだ。君が代斉唱時は起立すべしなどかっこ悪いことを言ってる文部省は、むしろ修学旅行は必ず広島・長崎に行くべし、と言って欲しい。いや、広島限定にして、夜は必ずマツダスタジアムでカープの応援をしなさいと言ってほしい。そうすれば、あの立ったり座ったりの応援は簡単で面白いから、より一層野球ファンが増えるな・・・と思考は都合よく逸脱する。


河よりも長くゆるやかに

河幅が広くなってきた。風はまだ冷たい。

船中でもレモンハイ!

船中でさっぱりレモンハイ。氷結ゼロ!
戦後50年以上経って船の中でレモンハイが飲めるようになりました。なんとなく頭を垂れながらごくごくと飲みほす。もうすぐ宮島である。

夕凪の街桜の国夕凪の街桜の国
(2004/10)
こうの 史代

商品詳細を見る
スポンサーサイト



続きを読む