fc2ブログ
2009/03/21

ラフロイグ・クォーターカスクでハイボール

シングルモルトには数多くの銘柄があり、しかもその銘柄には数えきれない樽の種類があり、その樽の掛け合わせによって無数の味が生まれる。樽をかけあわせないシングルカスクも考えると一生かかっても飲みきれない味がある。そう思って俺はグラスを前によくわからない震えを覚えるのだが、これは単なる酒による妄想の類ではないはずだ。

千里の道も一歩からの例えに学んで、と自分をだましながらラフロイグ・クォーターカスクを購入。

素敵な箱はどうも捨てられない

いつも思うのだがウイスキーのパッケージはアートのようでどうも捨てられない。

この瓶の美しさ

そして瓶自体も美しい。同じくらいの値段でシャンパンやワインはざらにあるのだが、そちらの瓶にはなんら値打ちを感じないのが不思議だ。

ラフロイグ・クォーターカスク x ソーダ

もちろん飲み方はハイボール

薬みたいな、とその味を評されるラフロイグだが、ハイボールにするとその部分が不思議とアクセントになる。甘みが無いところが好き嫌いが分かれるだろう。

ピート好きにはたまらないハイボールだ。

クォーターカスクって何?は袋とじで!
スポンサーサイト



続きを読む