fc2ブログ
2009/03/25

想い出がいっぱいのハイボール

ハイボールばかり飲んでいて、身体に悪影響は無いのだろうかとふと考えるが、もともと毎日ビールの生活だったのでその分プリン体はカットされているはずだ。しょうがやきナポリタンのことを考えるとむしろ毎日飲みたいハイボールで良かったと胸をなでおろす。

そんな今日のハイボールはこの店。浜松町界隈ではおなじみの鳥まつで宴会です。
大門店におじゃましました。

鳥まつは浜松町に3店舗展開。
本店は秋田屋を曲がった先にある古い提灯が目印のいわゆる昔ながらの居酒屋で、ここが一番美味しいが、座敷が狭いのと冬は隙間風で寒い。大門店はモダンな作りだが座敷がロフト風になっていて、立ち上がると頭をぶつける人多数、貿易センタービル店はちょっと価格が高い、となかなかチョイスが難しい。

思い返すとサリン事件のニュースを聞いたのも鳥まつで、あの時はランチ中にラジオから流れてきたのだった。思い出すといろんな友人とこの店で飲んだものだなあと思わず遠い目。

気を取り直して名物の鳥かつ。山盛りキャベツの中からカツが登場!

名物鳥かつ

アボガドささみあえ。

アボガドささみあえ

そしてハイボール。

ハイボールレモン入り

焼酎が豊富なこの店。キャンペーンで「倭の国」1杯290円ですり切りたっぷりと、焼酎好きにはたまらない。席が狭いのと、分煙されていないのが難点だが、気の置けない宴会には最適だ。

鳥まつ 大門店 (とりまつ) (居酒屋 / 大門、御成門、モノレール浜松町)
★★★★ 3.5


2009/03/24

春の別れのハイボール

春は出会いと別れの季節。サクラサクのかサクラチルのかはその人の気持ち次第なんて仙人めいた台詞が脳裏をかすめたが自分が当事者だとそうも言ってはいられない。

異動に際してもらった粋なプレゼントはこれ。

プレゼントの中身は・・・

重いな?

これでした!

みなさんありがとうございます。

ハイボール道、がんばります!
2009/03/24

take it easy なハイボール


瓶に入っているウイスキーは銘柄が一緒であれば基本的にどこで飲んでも一緒だが、この店ではここでしか飲めないウイスキーがある。

日比谷バー・ウィスキーズ

山崎蒸留所の様々な原酒をある言葉のイメージでブレンドしたウイスキーがあるのだ。
これは「人は誰でもミスをする take it easy」。

人は誰でもミスをする

濃い味の原酒ベースにハイボールにしてもらった。

なるほど、何か慰められているような優しい味だ。

自分で原酒をブレンドして好きな一杯を作れる「オリジナル・ブレンドセット」もある。
つまみは燻製メイン。

女性のバーテンダーさんが愛想良く応対してくれるのも気持ちがいい。
じっくり腰を据えて楽しみたい店だ。

日比谷 Bar WHISKY-S (ヒビヤバーウィスキーズ) (バー / 銀座、銀座一丁目、有楽町)
★★★★★ 4.5



2009/03/22

白州12年とマンゴージュース

普段飲まないジュース類のたぐいだが、たまに飲みたくなることがあるのは体が求めているに違いない。

マンゴージュース

マンゴージュース。

白州12年

白州12年を合わせてみよう、と封を切る。

爽やかな白州をストレートで

せっかくなのでストレートで。

爽やかな風味がフルーツの甘さとマッチ。フルーツと合うのは白州12年ならでは。マッカランのファイン・オークやオーヘントッシャンあたりも合いそうだ。

ウイスキーを料理に使うレシピ集をスコットランドで見かけたのを思い出す。買ってくれば面白かったかも、とちょっと後悔。まあまた行けばいいか・・・と夢想する俺なのだった。
2009/03/21

ラフロイグ・クォーターカスクでハイボール

シングルモルトには数多くの銘柄があり、しかもその銘柄には数えきれない樽の種類があり、その樽の掛け合わせによって無数の味が生まれる。樽をかけあわせないシングルカスクも考えると一生かかっても飲みきれない味がある。そう思って俺はグラスを前によくわからない震えを覚えるのだが、これは単なる酒による妄想の類ではないはずだ。

千里の道も一歩からの例えに学んで、と自分をだましながらラフロイグ・クォーターカスクを購入。

素敵な箱はどうも捨てられない

いつも思うのだがウイスキーのパッケージはアートのようでどうも捨てられない。

この瓶の美しさ

そして瓶自体も美しい。同じくらいの値段でシャンパンやワインはざらにあるのだが、そちらの瓶にはなんら値打ちを感じないのが不思議だ。

ラフロイグ・クォーターカスク x ソーダ

もちろん飲み方はハイボール

薬みたいな、とその味を評されるラフロイグだが、ハイボールにするとその部分が不思議とアクセントになる。甘みが無いところが好き嫌いが分かれるだろう。

ピート好きにはたまらないハイボールだ。

クォーターカスクって何?は袋とじで!

続きを読む