2016/12/16

六本木『WHISKY HILLS 2016』で知多ハイボールと世界5大ウイスキー

R0023802-001.jpg

この前まで暑くてバテる寸前だったのだが、ふと気が付くと12月。

街は例年のようにクリスマスムードが高まっている。

今年も去年と同じようにハイボールを呑んでいた1年だった、とふと振り返るのも12月で、毎年変わらないのはいいことなのか悪いことなのか。行く人来る人のことも振り返り、同じようで違う1年だった、とも思う。

そう、少し感傷的になるのも12月なのだ。

R0023826.jpg

12月のイベントといえばもう定着した感のある六本木の「WHISKY HILLS」
その名の通り六本木ヒルズを舞台に行われるウイスキーイベントだ。

サントリーのご招待を受けて今年も参加しました。
スポンサーサイト

続きを読む

2015/11/07

六本木『スナックだるま』でハイボール

最近巷でスナックが流行りつつあるらしい。

と言っても雑誌で見かけるくらいのことで、いわゆる業界人の方々が楽しんでいるのだろうな、と思っていたが、この方もスナックに興味があったようで、このイベントの後に連れ立ってみた。

六本木駅からヒルズを越えてまっすぐ国道の坂を下って右手。
『スナックだるま』へイン。

IMG_3435.jpg

続きを読む

2015/10/28

六本木『YAKITORI燃WEST』で『ウイスキー 知多』の風香るハイボールと和食の饗宴

メトロの駅を降りて長いエスカレーターを上り街に出ると、店に向かう女たち、グループの白人たち、遊び慣れた風情のカップルと行き違う。みなこれから酒場に向かう高揚感を身にまとっている。六本木のいいところは、こういうところだ。かく言う俺もこの日は期待で一杯だった。なにしろサントリーの新作ウイスキー『知多』のイベントなのだ。

サントリーのウイスキーはジャパンメイドのウイスキーとして酒好きなら誰もが一目置いているはずで、中でもシングル・モルトの山崎や白州はストレートやロックはもちろん、ハイボールにしてもその個性は薄れることなく、酒好きのハートをがっちりつかんで離さない。

俺もその酒好きの1人で、ここ何年かは米よりもサントリーのウイスキーを摂取してるのではないかと思うほど。
その新作ウイスキーとなれば一月前から気分は浮き立って背中から翼が生えそうなくらいだった。

浮きながらヒルズ方面へ向かいつつ、首都高をくぐって319号線を青山方面へくだってすぐ。ヒルズからすぐなのに隠れ家のような店が今日の舞台。『YAKITORI燃WEST』です。

六本木っぽく高級感ある店内を進んで奥の個室へ進み、サントリーウイスキー 知多とご対面!

IMG_3422.jpg

知多ハイボールで乾杯です!

R0022675.jpg

続きを読む

2015/07/21

六本木『オービカ・モッツァレラバー』でカンパリ・ソーダ

カンパリと聞くとバブル、ダンパ(ダンスパーティのことです)、ジュリアナ、わたせせいぞう、カーンチ!と呼ぶ鈴木保奈美など次々と連想してしまうのは俺だけではないはずだ。

そんなイメージを憧れにして都会に出てきた頃にはバブルは弾けていた間が悪い世代。
そんな俺はカンパリへのほのかな憧れはあっても飲んだ記憶がないのだが、この日はサントリーさんにお誘いいただいてカンパリのイベントへ参戦。六本木のオービカ・モッツァレラバーへ集合だ。

六本木ヒルズは相変わらず迷宮のようだが、けやき坂の方と言ったらわかりやすいだろうか。
こちら何とも珍しい、モッツァレラチーズを使った料理が売りのレストラン・バー。

カンパリはイタリアで作られていて、イタリアンと相性が良いそうなのだ。

R0022407.jpg

そういえばこのブログでイタリアン初登場かもしれません。

ハイボールあるのかな、とドキドキしながらカンパリ楽しんできました!

続きを読む

2015/03/13

六本木『TGIフライデーズ』でワイルドターキーのハイボール

ワイルドターキーのセミナーがひと段落して2階へ移動。

壁にアメリカ映画のポスターが所せましと張られた居心地のいい空間は六本木のTGIフライデーズ
ちなみにT.G.I.Fとは「Thank God, It's Friday.」(ありがとう神様、今日は金曜日!)という意味で、日本でも海外でも人間の考えることは同じです。

まずはワイルドターキー8年のハイボールで乾杯!

R0022132.jpg

続きを読む