2008/07/29

【ハイボール沖縄紀行③】オーバー・ザ・レインボウ

粟国島と言えば映画ナビイの恋で一躍有名になった島で、映画のロケ地めぐりという楽しみ方もある。

20080725552_convert_20080729075817.jpg

映画を見た人にはここがどこだかわかるはず。
俺は暗い話が嫌いなので、この映画の幸せの連鎖的ハッピーエンドが大好きで、未見の人はぜひ、と勧めたい気持ちでいっぱいだ。

しかしまったく人がいない。空は青いが風はどんどん強くなる。ビーチも貸切だ。
ほぼ唯一の店、浜商店にはやはりソーダなんて無かった。山崎10年持ってきたのに。

民宿に帰ると明後日は確実にフェリー出ない、明日も危ないかもとのこと。しょうがないので、明日のRACの9人乗りアイランドホッパーを予約。

宿は民宿風月。港からすぐ。海が見える部屋にしてもらった。1泊2食5500円。
夕食はこんな感じ。魚は「タマン」だそうです。聞いたことないけどうまかった。落ち着いてていい宿です。

20080725557_convert_20080729075850.jpg

ハイボールが飲めないので、しょうがないので泡盛を痛飲。

20080725558_convert_20080729075927.jpg

飯を食べて外に出るとすごい虹が出ていた。虹の右足と左足がしっかり見える完全にアーチ状。
大きすぎて写真に入らない。

20080725560_convert_20080729075950.jpg

こんなすごい虹を見たのは生れてはじめて。これを見ただけで粟国に行ってよかった。ハイボールは無かったけど。

ナビィの恋ナビィの恋
(2000/08/25)
西田尚美中江裕司

商品詳細を見る


スポンサーサイト
2008/07/28

【ハイボール沖縄紀行②】いつか見上げた空に

ハイボールの翌朝はとまりん(泊港)から船で粟国島。

フェリーで2時間。チケット買うときに帰りフェリー出ないかもよ、と言われるがなんとかなるだろうととりあえず行くことにした。

空は快晴、風は強いがこんなに気持ちいい道行き。フェリー新しくて快適。
ガラガラである。

20080725546_convert_20080729002139.jpg

誰もいない屋上でしばし一服。

20080725549_convert_20080729002204.jpg

空青い。

ハイボールで乾杯したいところだが、さすがにフェリーなのでオリオンで乾杯だ。
うまい。

陸地がどんどん近づいてくるのがうれしいような悲しいような。旅の中でぽっと生まれたエアポケットのような時間。行先は決まってるけど、どこへでも行けそうな開放感。だからフェリーの旅は楽しいのだ。

つづく。