2015/06/02

【番外編】東銀座『俺の揚子江』で”海のワイン”ビオンタと海鮮生春巻き

男は誰でもどこかで自分のことを何と呼ぶか、という問題にぶち当たる。

「僕」はずいぶん大人しそうだし、
「私」はなんとも大人っぽく、
「それがし」は侍で「拙者」は忍者だし、
となるともう「俺」しかない。

「俺は座らない」を名乗っている俺だが、いつも「俺が俺が」言っているかというとそんなことは全くないので、こういうネーミングには一言物申したい。

IMG_3003.jpg

「俺の揚子江」にサントリーの企画で訪問だ。

IMG_3007.jpg
スポンサーサイト

続きを読む