2008/07/01

下町のマリアッチ

スペインバルが人気だ。雨後の筍のように出来ていて、中にはコストパフォーマンス的にちょっとお高めな店もあったりして、それが人気だったりしてちょっと苦々しかったりする。

この店もそんな感じかと思っていたが、いい意味で裏切られた印象。

イベリコバルだ。なんか名前がねえ、素人だましてる感じで。

最初はカヴァで乾杯。
イベリコ豚のサラミ、うま味凝縮。

20080701463_convert_20080702070527.jpg


タコとポテトのサラダ。

20080701464_convert_20080702070552.jpg


写真はまったく不味そうですが、なかなかうまかった。

お客さんがひけてきた時間に流しのマリアッチが二人登場。
3曲ほど演奏してくれた。
ハモりがなかなかうまく、得した気分ではあったが、しっかりCDを販売。
1枚2000円だ。Mさんが代表して買ってくれた。ありがとうMさん・・・。

のちマッシュルームのオリーブオイル煮等食すが、途中で記憶が・・・。

「神の雫」みたいに赤ワインのデカンタージュをしてくれる店員さんが。
ジョウロの先が細いような特別のデカンタからワインに注いでくれるのだが、近くから両手をいっぱいに伸ばしてその様は曲芸のよう、思わず拍手。
ワインがなんだかすごく飲みやすくなって、感心。

また、話の途中でうまーく会話に入ってきて、すっと抜けていく、そのつかず離れずのフロアサービスにも感心。サービス業です。

なんだかこんなところにこんな店が、という感じで意外な店だった。ワインも食べ物もそれほど高くなく、しかも美味い。店自体も洒落てて清潔。今のところそれほど混んでないが、そのうち混んできそう。おススメです。

ハイボール飲むの忘れた。なので家にて

20080628458_convert_20080702072932.jpg


モリゾーさんたちと乾杯だ


神の雫 (1) (モーニングKC (1422))神の雫 (1) (モーニングKC (1422))
(2005/03/23)
亜樹 直オキモト シュウ

商品詳細を見る

スポンサーサイト